海外での求人を探したい時

日本と海外の求人

職種

海外での求人情報探し

若者が一定の就労をしながら異国に滞在できる制度にワーキングホリデーがあります。海外での就労経験は、その後の人生においても大きな財産になることは間違いありません。ですがいざ求人を探すとなるとどこから情報を得れば良いのか悩みます。日本での仕事探しといえばインターネットや情報誌が主ですが、海外では例えば図書館や学校などの掲示板に、手書きの求人チラシが貼られていることなどが多くありこちらから個人宛に連絡を取ることになります。また、人からの紹介だと決まりやすいので友人を沢山作り、仕事を探していることを積極的に周囲にアピールして自分が希望する仕事を見つけましょう。条件については言われる通りではなく、しっかりと自分の希望を伝えることも大切です。行動力が必要ですが、一段と成長した自分に出会えるでしょう。

海外就職で知っておきたいこと

海外で就職しようという場合はまず、自分の働きたい国で募集している求人情報などをチェックして、現地採用で働く場合と日本で就職して海外に駐在のような形で赴任する場合が挙げられます。後者の場合、会社の人事の方針次第ということもあり、必ずしも希望する国で就業することはままならないケースも考えられます。そこで前者を中心に考えた場合、大切なポイントがいくつかあります。まず、当たり前ではありますが、求人情報に記載のある条件を応募者が満たしていることです。ただ、全てを満たしていなくとも諦める必要はありません。また、過去において勤務地となっている国に居住したことがある場合はかなり、有利になります。これは仕事だけでなく、生活面も含めてその国に溶け込みやすい方だと考えられるためです。

↑PAGE TOP